屋根カバー工法

屋根カバー工法とは?

こんにちは。
健匠リフォームです。
今日まで、多くの屋根リフォームを手がけてきましたが、 屋根のメンテナンスを含むリフォームには、 塗装とお考えになる方がほとんどでした。
確かに屋根塗装は一般的なリフォームの方法であります。
しかし築年数が経過し、屋根の傷みが激しかったり、変形がある様態では、たとえ塗装をしたところで長持ちしません。

痛んでなくてもダメなんです 痛んでないように見えて、見えないところでダメージを受けています!

屋根は、ルーフィングという防水シートを下に敷くことで雨漏りを防いでいます。
屋根自体の劣化が少なくとも、25 年程経過すると、このルーフィングが傷みだし、雨漏りを引き起こす原因となるのです。
屋根塗装を繰り返し行った後に葺き替えをするのでは、結局イニシャルコストもランニングコストもかかってしまいます。ですので、できるだけ早い段階でカバー工法を施工することをお薦めします。屋根材がカラーベストの場合は特に注意です。

こんなこと思い当たりませんか? 葺き替えよりコストを安くしたい カバー工法がおススメです

カバー工法とは、簡単にいうと、現状の屋根材の上にルーフィングと言われる屋根保護材を敷きつめ、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。
塗装よりも長持ちし、既存の屋根の解体や処分する手間がかからないので、葺き替えよりもコストを安くできる上、廃材も少ないエコな工法です。

カバー工法「CORONA」 CORONA CORONAの特長

災害に強い!!

台風・地震・積雪に強い

かわら同士がビスでガッチリ固定されるインターロック固定法は、大型台風でのかわらの飛散に強さを発揮。重い屋根が家屋倒壊の原因となる大型地震にも、石付板金屋根材の優れた軽量性が地震の揺れを軽減。表面の凹凸が落雪を防止するなど、自然災害からご家族の暮らしを守る、安心できる屋根をつくります。

雪止め対策も万全。
落雪しにくい、など激しい「全天候耐久性テスト」をクリア

天然石ストーンチップを焼付けた表面加工の凹凸が積雪を屋根上でしっかりと止めて、勾配屋根での雪止め金具などと同等の効果を実証済みです。

落雪防止の機能を備えた屋根材

耐久性がある!!

重厚な存在感、天然石とガルバリウム鋼鈑のハイブリッド屋根材。

色あせしにくい天然素材。耐久性に優れ、メンテナンスコストを軽減。
天然石だけが持つ重厚な質感はそのままに、ハイブリッド素材により軽量化を実現。
天然素材は、色あせるのではなく、長い年月を重ね自然石ならではの色調が趣きとなり、住まいの風格をつくります。 耐久性が高く、メンテナンス費も低減。

遮音性が高い!!

静かで快適な住空間

従来の金属屋根で気になっていた雨音も、天然石の層がやさしく受け止め、静かな室内環境を実現。 かわら裏面に大きな空気層を持つ波形状は、天然石との相乗効果で高い断熱性を発揮し、夏涼しく冬暖かい、快適な住まいに。

安心の長期保証!!

※材料品質保証工事完了日より30年間、製品瑕疵に起因する不具合(赤錆の発生による穴あきなど、屋根材としての機能を維持できないことが明らかな場合)を無料修理いたします。

※表面コート保証工事完了日より10年間、製品瑕疵に起因する表面コート層の不具合(表面コートの剥離により、屋根材としての美観が著しく損なわれたことが明らかな場合)を無料修理いたします。

CORONAを選ぶ人達が増えています 施工事例 CORONAをが気になった方はお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合せはこちら 24時間受付中です!

電話お問い合わせ